2018年05月14日

カントリーベアーズ / サントラ盤。

あの 無骨な手 で どうやって ギターを弾くんだ? …なんて 野暮 は 言いっこなし。熊の着ぐるみ の ファミリー映画 なんだけど 内容 は「クロスロード」+「ブルースブラザーズ」といった 雰囲気 もあり 音楽モノ としても 充分 楽しめる アルバム なんだな。それも ジョン・ハイアット を 筆頭に 真っ当なミュージシャン が 多数関わっているからなんだ。その ハイアット が この 作品 の ために 6曲 書き下ろした サウンドトラック盤 だ。かなり 聴き応え のある曲 が たくさん 収録 されているため 映画 を 見ていなくても 全然OK な アルバム だよ。ジ・アトラクション の ピート・トーマス や グレッグ・リーズ、ソニー・ランドレス なども この作品 に 参加してるよ。⑮ は 国内盤のみ ボーナストラック として 収録 されてるんだけど CCCD のため 購入するなら 海外盤 のほうが いいかも 知れないッス(σ*´∀`)。
  • 20180514195148224.jpg
  • 20180514195153344.jpg
posted by 猫蔵 at 19:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

されど われらが日々ー / 柴田 翔

古本屋さん で 見つけて 懐かしくなり ついつい 購入。年齢 を 誤魔化しとる と 言われそうだけど 二十歳の頃 この 作品 が 好きで 読んでたんだ。今 読むと また 違った 感覚 で 読めるのかも 知れない。…と 思ったんだけど 実際 読んでみると あんまり おもしろくない や。むしろ 突っ込みどころ満載 だわ。何故だろ('_'?)。もしかしたら おいらの 価値観 が 大きく 変わってしまったのかな( ; ゜Д゜)!?
  • 20180514191152874.jpg
  • 20180514191155444.jpg
posted by 猫蔵 at 19:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どこでもドラゴン(Android) - GameWith

どこでもドラゴン(Android) - GameWith https://gamewith.jp/gamedb/show/2924?from=android
posted by 猫蔵 at 18:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

コミュニケーションアプリ LINE(ライン) https://line.me/ja/games
posted by 猫蔵 at 18:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生田敬太郎 / この暗い時期にも (1972)

ヤマハ の 例のコンテスト の 地区予選 での 優勝 を きっかけ に エレック に 認められて デビュー した ソウルフル な 歌唱 を 聴かせる フォークシンガー の ファーストアルバム。情熱的 でありながら クールな視点 と その声 には 強い個性 がある。サウンド志向 の 強さにも 独特のもの があり 音から 言葉のイメージ が 広がっていく ようなところなどは 遠藤賢司さん に 通じる 点 が 見える。その個性 が 爆発するのが 元GSバンド “マックス” の 大活躍する ②この暗い時期にも ④もう待ちくたびれた ⑧散歩Ⅱ あたり。特に ジャズっぽい フリーなギター を 聴かせる 萩原暁さん の プレイ は 彼の世界 を 大きく 飛躍 させていて このユニット が 1作 で 終わってしまった事が 悔やまれる(-_-;)。
  • 20180512212900660.jpg
  • 20180512212908798.jpg
  • 20180512212911186.jpg
posted by 猫蔵 at 02:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いしだあゆみ / アワーコネクション

1977年の作品。シティ・ポップス / AOR アルバム の 佳作。“いしだあゆみ&ティン・パン・アレイ・ファミリー” という 名義 に なって ティン・パン・アレイ主導 の アルバム みたいな 出し方 を されているけど プロデューサー は 全作詞 を 担当した 橋本淳さん。作編曲 は 細野晴臣さん と 萩田光雄さん が 共作 を 含めて ピッタリ半々 に 分けあっている。松任谷正隆さん は 参加 してなくて 鍵盤 は 矢野顕子さん や 佐藤博さん らが 分担。彼女の歌声 が 充分に活きた 控えめで プレイヤーの味 が ピリッと 隠し味 になっている アレンジ が いい感じ。こうした 企画 では ちあきなおみ&友川かずき の 歌手と作者 の せめぎあい という すっげぇ 前例 も あるから 是非 一聴 を (=^ェ^=)。
  • 20180512215941379.jpg
  • 20180512215944963.jpg
posted by 猫蔵 at 02:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする