2018年06月12日

今夜は 様々な想い が 込み上げてくる。

Doji Morita - Sanatorium - YouTube https://m.youtube.com/watch?v=uSZ-DM4y2QI
posted by 猫蔵 at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青春でした 私の…。

posted by 猫蔵 at 19:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お疲れ様でした。ゆっくりと 魂 を 休めてください。

昭和63年。時期は 春の木漏れ日の頃 だったかな。5歳年上の先輩 に 森田童子さん を 教えてもらったんですよ。当時 4枚 の アルバム が 初めて CD化 されて その 先輩 やたら テンション が 高くてね。今朝 森田童子さん の 訃報 を 知って 初めて 聴いた 楽曲 ファーストアルバム の 1曲目「早春にて」と 先輩の顔 が いちばん 最初に 頭に 浮かびました。上手く 言葉 に 出来ないのですが… これからも 森田童子さん の 楽曲 は いつまでも “変わらない風景” として 僕達の 心の中 で 輝きを放ち続けてゆく事 でしょう。心から ご冥福を 祈ります。…来年からは 春の木漏れ日の頃 毎年 森田童子さん を 思い出すんだろうな。
  • 20180612194718479.jpg
  • 20180612194723404.jpg
posted by 猫蔵 at 19:47| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森田童子さん(。´Д⊂)。

2018年4月24日死去

森田童子さんといえば、シンガーソングライターとして広く名前が知られています。

彼女がメジャーデビューしたのは1975年の時。

同年にリリースされたシングル「さよなら ぼくの ともだち」で音楽キャリアをスタートさせた彼女はライブハウスを中心に活動。

森田さんの出演するライブハウスは多くの観客が訪れ、大きな話題を集めました。

1983年を最後に音楽活動を休止したものの、1993年に放送されたドラマ「高校教師」に「僕たちの失敗」が起用されたことで再び彼女の人気に火が付きました。

これまで数々のヒット作を生み出してきた彼女ですが、ここに来て死去していたことが明らかになり世間の注目を集めています。
  • 20180612063630611.jpg
posted by 猫蔵 at 06:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(。´Д⊂)。

何も明かさず…歌手の森田童子さん 亡くなっていた ドラマ「高校教師」の主題歌「ぼくたちの失敗」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000005-spnannex-ent
  • 20180612060827259.jpg
  • 20180612060836102.jpg
  • 20180612060844091.jpg
  • 20180612060854738.jpg
posted by 猫蔵 at 06:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんな去ってしまった / 中島みゆき (1976)

全作品中 最も 地味な存在 の セカンドアルバム。ヒットした ファースト から 半年後 に リリース されたにも かかわらず ベスト10入り を 逃し 最高位 も 23位 に 終わっている。前作のヒット を 受けて 制作されたためか アレンジ&演奏 も シンプル で 簡素なバンド・アンサンブル を 中心 にしている。まだ 70年代フォーク定番の色 が 濃いけど その後 80年代 の 彼女流 の ポップス さらには 90年代 で 開花する ドラマティック な スタイル が すでに 散見されているのが おもしろい。特に とっ散らかった 印象 の アルバム後半 に それが 多く “⑨03時 ⑪妬いてる訳じゃないけれど” に 80年代の “⑧夜風の中から” には 90年代 の スタイル が 垣間見える。


みんな去(い)ってしまった【リマスター(HQCD)】

  • 20180610170338068.jpg
posted by 猫蔵 at 01:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五輪真弓 / 少女 (1972)

五輪真弓さん というと「恋人よ」の イメージ が 滅茶苦茶 強いのかな。おいらの場合、五輪真弓さん といえば この デビュー・アルバム に 収録 されている ③少女 なんですよね。この時期の 日本のフォーク、ロック史 に 残る 名曲 だと 思っています。一見 暖かそうに 映る 冬の日だまり と 少女 という 構図 に 一抹の哀しみ を 見いだした 歌詞、マイナー と メジャー の 間 を 絶妙のバランス で 揺れる メロディー、ともに 素晴らしい。情景描写の上で 最大の効果 を あげているのは あの キャロル・キング が 弾く ピアノ (⑧はと も そうだ) で 全体に この人の影響 は 強い。だけど 芯の強い歌 は 五輪真弓さん 独特のもの。


少女

  • 20180610183829296.jpg
  • 20180610183831490.jpg
posted by 猫蔵 at 01:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする