2018年11月30日

エクストリーム・メタル の 原点。

ヘルハマー / DEMON ENTRAILS

後身バンド の セルティック・フロスト も アンダーグラウンド で 影響力 が 大きかったんだけど 単独作 の レコード が 解散間際 の 1984年 に 出した 4曲入りEPのみ にも かかわらず すべての エクストリーム・メタルの原点 が スイスの ヘルハマー である 事実を 叩きつけた 音源集 だ。嫌悪感 に 満ちた ボーカル も 含めて スラッシュ・メタル も デス・メタル も ドゥーム・メタル も ブラック・メタル も すべて この 83年録音 の 3本の デモ・テープの曲 を まとめた 編集盤の中で 邪悪な産声 を 高らかに 上げている。メタル だけど トリオ なため 曲構成は シンプル で ディスチャージ から 影響されて 潰れた響き は パンク だし “クラスト” と呼ばれる ハードコア の スタイル の 原型 も ここで 鳴っている。特に 46分12曲入り の デモ「サタニック・ライツ」は オープニング と エンディング も 凝っていて 当時 アルバム として 出回っていたら メタル&ハードコアの歴史 は 間違いなく 変わっていた。そして メタル以前 に これは 徹底的に 陰鬱で不穏な 暴虐のロック の 深化形 なんだ。


  • 20181124212934018.jpg
  • 20181124212936281.jpg
posted by 猫蔵 at 14:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

S.O.D

ストームトゥルーパーズ・オブ・デス /
CRAB SOCIETY NORTH-DEMONS 1985-

S.O.D といえば スラッシュ・メタル と ハードコア・パンク の クロスオーヴァー・サウンド の 元祖 として 知られているんだけど 敵を作る 曲名 と 激速ショート・カット・チューンの嵐 でも ゲロゲリゲゲゲ や アナル・カント より 早かった 革命的な 2つのデモ である。片面 は アンスラックス脱退後 の ダン・リルカー と 本作 の 元ネタ である NYCメイヘム に 当時 在籍 していた クレイグ・セタリ による 宅録。ボーカル と ベース と スーツケース+ドラム・スティックのみ での 原始的な荒業 が 素晴らしい。そういう曲 の アイデア で ダン を含む S.O.D の メンバー が 取り組んだ 63曲 が もう片面 に 入っている。S.O.D が 同時期 に 録っていた デビュー・アルバム「スピーク・イングリッシュ・オア・ダイ」収録曲 も含むんだけど “お上品 な ロック・ファン” には 雑音 にしか 聴こえない かも知れない。だけど これは ロック史 だけではなく 音楽史的 にも かなり 重要な作品 だぞ。


  • 20181124215835058.jpg
posted by 猫蔵 at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パワー・ポップ の 埋もれた 名盤。

オートマチックス /
WALKING WITH THE RADIO ON

1978年 に アイランド・レコード から シングル を 出して まもなく消えた 英国の パンク/パワー・ポップ・バンド の ファースト・アルバム だ。だけど パンク から ニューウェイヴ に ムーブメント が 移っていた 英国 では 珍しい音楽性 で ウルトラヴォックス! と 契約していた とはいえ パンクのレコード を 発売しなかった アイランド が NG を 出したのか お蔵入り。録音から 22年後 に 日本の インディーズ・レーベル が リリース するまで 世に出なかったのが 実に惜しい。スティーヴ・リリーホワイト の 初期プロデュース・ワーク の ひとつ だけど セルフ・ライナー によれば ジョン・レノン の「ロックンロール」と ブルース・スプリングスティーン の「ボーン・トゥ・ラン」を ブレンドして 独自の音 を 作り出した という。歯切れよく 生々しく ポップな音 は 目が覚めるほどで 甘い歌声 も 味がある。ジョニー・サンダース が ギター で 参加していたようだけど リッチ・キッズ や プロフェッショナルズ にも 近い パワー・ポップ感覚 が まぶしい 埋もれた名盤 だ。


  • 20181124222931215.jpg
posted by 猫蔵 at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする