2019年03月31日

PERCY SLEDGE

PERCY SLEDGE /
WHEN A MAN LOVES A WOMAN (1966)

パーシー・スレッジ / 男が女を愛する時

マスル・ショールズ というと フェイム・レーベル の プロデューサー、リック・ホール が 有名なんだけど この曲は 同じ土地 で クインヴィー と サウスキャンプ・レーベル を 持つ クイン・アイヴィ が プロデュースし リック・ホール の スタジオ・ミュージシャン も 加わり 録音 された。いまでは R&Bナンバー の スタンダード といえる 超有名曲 なんだ。全米第1位 という 快挙 を 成し遂げたのも 商才のある リック・ホール の 口利き で アトランティック・レコード から リリース されたから だろうね。もし アイヴィ の レコード からだったら これほど ヒットはしなかった と思うが 彼の レーベル は サザン・ソウル・ファン には こたえられない 作品 を 残している。残念ながら 短命に 終わってしまったが…。



  • 20190330124817648.jpg
posted by 猫蔵 at 06:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GRAPEFRUITE

GRAPEFRUITE / DEAR DELILAH (1968)
グループフルーツ / 愛しのデライラ

ビートルズ の 経営する アップル・ミュージック の 第1号アーティスト であり ジョン・レノン が 名付け親 ということでも 話題になった イギリス の アイドル・グループ の デビュー曲。当時は ピーター・フランプトン の ハード に 代表されるように イギリス でも 数多くの アイドル・グループ が 日本のGS と 同じように ルックス や 話題優先 で 毎月のように あの ML誌 の カラー・グラビア で 紹介され 女の子の 人気 を 集めていた。クラシカルなメロディー と コーラス、オーケストラの使用 と ビージーズ風 な 印象の曲 で トム・ジョーンズ の「デライラ」とは 大違い。何故か プロデュース には A面 の この曲のみ あの テリー・メルチャー が クレジット されている。


  • 20190330085701266.jpg
posted by 猫蔵 at 06:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THE CYRKLE

THE CYRKLE / RED RUBBER BALL (1966)

透き通るような さわやかな ハーモニー、くっきりとした リズム・セクション、意味深長な リリックス、クリーン・カット・イメージ に 彩られた お揃いの ストライプ・スーツ・ファッション… これらが 1966年 ビートルズ の 全米公演 における 前座 を 務めた サークル のすべてだった。マネージャー は ブライアン・エプスタイン、プロデューサー は ジョー・サイモン、そして 本作の ソングライター は ポール・サイモン なのだから ヒット しなければ どうかしている。パーソネルは トム・ドーズ、ドン・ダネマン、マーティ・フライド の トリオ で ペンシルヴァニア で 結成 された。フォーク・ロック に ブリティッシュ・ポップ の サウンド を 交配 したような ユニーク な 楽曲 だ。


  • 20190330125106421.jpg
posted by 猫蔵 at 06:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする