2019年04月30日

ジプシー・ブラッド

ジプシー・ブラッド /
ろっこうおろし (1972)

後に アイドル・ワイルド・サウス を 結成する 速水清司さん、バックス・バニー に 行く 永井光男さんら が 在籍していた 当時の 関西らしい フォーク、アメリカン・ルーツ・ミュージック を ポップ に アレンジ する バンド の 唯一のアルバム。プロデュース は ミッキー・カーティス。いくらか ビート は 強めで あからさまな 音の遊びの多さ が 独特なんだけど ディラン に 繋がる 関西特有の 粘り腰ポップス の 流れ に 位置付けていい と思う。荒削りではあるんだけど 綻びも 陳腐さも “時代” が 眼前に 迫りくるような リアリティー を 感じるから 不思議な魅力 がある。②郵便屋さん ⑥自転車に乗って で アラン・メリル が 参加。ジャケット は “櫻画報” の 赤瀬川原平さん。


  • 20190429092624735.jpg
  • 20190429092626782.jpg
posted by 猫蔵 at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次の新しい時代に…。

昭和62年 から 平成30年 まで 毎年 大阪国際女子マラソン に 楽曲 を 提供してきた ALFEE の ライフワーク とも言える 3枚組 の アルバム。

有名な曲ばかりが 収録されてる というワケ ではないから ベスト・アルバム と呼ぶには 少し 違うような 気がするんだけど 個人的に 毎年 “1月最後の日曜日” は ほぼ 大阪国際女子マラソン を 見ていたので 曲 を 聴けば 当時 どんな 選手 が 活躍したかが だいたい 思い出せるんだ。このアルバム も 思い出深い 楽曲ばかりが 収録 されているので 次の 新しい時代 に 持っていきたいな (σ*´∀`)。


  • 20190429183508222.jpg
  • 20190429183510579.jpg
posted by 猫蔵 at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの頃 苦労して探したんだわ。

森田童子 / 夜想曲 (1982)

昭和63年 に 森田童子さん の 作品 と 運命的な出逢い をしたんだけど その頃 は 4枚目のアルバム までしか CD化 されなかったんだ。そのため 残り 3枚のアルバム は LP盤 を 探すしかなかったんだな。特に この “夜想曲” は すごく 苦労して探した 記憶がある。…特別 思い入れ が深い 作品 だから 思うのかも 知れないんだけど このアルバムこそ 森田童子ワールド の 完成 であり 終焉 だったんじゃないかな と 今でも 思っています。


  • 20190429202133096.jpg
  • 20190429202135399.jpg
posted by 猫蔵 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする