2019年08月09日

昭和の名盤。

以前に 投稿したものですが 名盤 を 多くの人に 知ってもらいたいので もう一度 投稿させていただきます。♪♪

TM NETWORK / CAROL (1988)

この アルバム は 小室哲哉さん の 才能 が ピークだった頃 の作品。アナログシンセサイザー と デジタルシンセサイザー の バランス が とても良く アルバム全体 が ひとつの物語 になっている感じです。他の J-POP に 比べ 音色の数 が 圧倒的に 多いのですが 消化不良を起こす事なく 見事に「完璧な音の作り」になっているんだ。そして レコーディング に参加している スタジオミュージシャン、ジャケットのデザインを 手掛けた イラストレーター など すべてが「無名時代の大物達ばかり」なので 機会があれば 是非、購入してチェックしてみては いかがでしょうか…?!


  • 20190413093853121.jpg
  • 20190413093856546.jpg
posted by 猫蔵 at 00:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

別物 といった感じの アルバム。

ダウン・タウン・ブギウギ・バンド /
脱どん底 (1974)

ダウン・タウン・ブギウギ・バンド といえば “ツナギ” の イメージ が 強いんだけど この デビュー盤 は そういう ヴィジュアル を 持たない オリジナル・メンバー での 唯一の作品 だ。岡林さんの ①山谷ブルース 長谷川きよしさん で有名な ⑥黒の舟唄 といった フォーク調 とも 思える曲を 見事に ブルース・ロック に 仕立てあげているのが ここでの 特徴だ。蜂谷吉泰さん の ギター は ブルージーなこと この上ないが 彼は この一作 で 脱退。ドラムス の 相原誠さん は キャロル の 最初のメンバー だった。後の ダウン・タウン ・ブギウギ・バンド とは 別物 と 考えてほしい アルバム なんだけど デビュー・シングル ⑤知らず知らずのうちに は 宇崎さんらしい 名曲 だ。


  • 20190412160201804.jpg
posted by 猫蔵 at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RONNIE DOVE

RONNIE DOVE /
HELLO PRETTY GIRL (1965)

デビュー・ヒット「セイ・ユー」そして「ライト・オア・ロング」に続く ロニー・ドーヴ のアメリカ での 3曲目の ヒット。この曲の後に リリース された「想い出のワン・キッス」「キス・アウェイ」などと 同じく 日本 では 東芝 から シングル盤 が出ていた。ラヴ・バラード を 得意とする いささか 古いスタイル の 地味なシンガー ではあったんだけど ブリティッシュ・インヴェイジョン や ロック・リヴォリューション に 大きく揺れた時代の 全米チャート で トップ・テン入り こそ 果たせなかったんだけど 合計20曲 の ヒット・シングル を 残しているのだから やっぱり スゲェ や。


  • 20190808191952952.jpg
posted by 猫蔵 at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする