2019年08月20日

卑弥呼 第2集!!

神秘の巫女・卑弥呼は、血染めの女王か!? 

3世紀、弥生時代。 
倭の統一を目論む権力者たちの 
巨大な陰謀が渦巻く世―― 

大乱の時代に君臨した卑弥呼は 
権謀術数の限りを尽くした血染めの女王だったのか!? 

――――――――― 
倭国大乱、弱肉強食の時代。 
己の生き残りのみを欲し、そのためには 
人を欺き騙し、殺しすら厭わぬ少女ヤノハ。 

暈国(クマコク)の女性神官集団に身を寄せ、 
得意の嘘と策略で次第に地位を上げるも 
百年に一度の日見子(ヒミコ)とうたわれた親友に本性を見抜かれ、 
彼女すらも殺害してしまう。 

罪を問われ、放置されたのはトンカラリンの洞窟! 

生きては出られぬ迷路だが、 
万が一生還した者は日見子と認められるという聖域!? 
ヤノハの運命は――!? 

卑弥呼 第2集 8月30日 発売だ!!


  • 20190819185359063.jpg
  • 20190819185402518.jpg
posted by 猫蔵 at 01:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あくまでも個人の意見です。

蒼天の拳 の 単行本。
監修・武論尊 って事は 武論尊さん は 物語 を 考えてないんだ。名前 だけ貸したというか…。当然 原 哲夫さん も 物語 を 考えてないよ。物語 は 当時の 北斗の拳 の 担当者 である 堀江 信彦さん が 考えていたんだ。この作品 最初の頃 は すごく おもしろかったんだけど 10巻あたりから 退屈 になってしまったんだ、時期的には パチスロ で 作者 が 儲かりだした頃 だったと思うんだけどね。初期のボルテージ のままで 連載 を 続けて欲しかったな…(-_-;)。


  • 20190819193113050.jpg
posted by 猫蔵 at 01:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

X JAPAN の 暴露本達。

X JAPAN は 彼等の音楽性 以上に 様々な 出版社 から 発売 された “憶測を含む暴露本” のほうが 何故か おもしろいんだわ。しかも 関係者以外 の人達 が 書いた 本 は いろんな意味で 読んでて ワクワク するんだわ。でも これだけ 様々な 出版社 から 彼等の本 が 発売 されてる って事は X JAPAN って “魅力的な人間達” の 集まり なんだろうね。特に 解散していた期間 (1998~2006) に 発売日された 本 は かなり 調べてるなぁ という 印象。わざわざ 彼等の地元 まで 足を運んで 取材 しとるから 奇妙 に リアリティー が あるんだよね。この時代 に 発売 された 本は 現在 絶版 のため 古本屋さん で 探したほうが 安く 購入 出来るよ。とにかく おもしろいから 機会があれば 是非!!


  • 20190819213633417.jpg
  • 20190819213636528.jpg
posted by 猫蔵 at 01:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする