2020年01月11日

ビート・バンド から ハード・ロック へ。

FINCHLEY BOYS / Everlasting Tributes

イリノイ州出身の バンド が 1972年 に発表した 唯一のアルバム (録音は 1968~69年) に 未発表音源 を 収録した CD を付けた 2枚組 の オフィシャル盤。ジャケットに 写る姿 を見ると 長髪とヒゲ で ハード・ロックな感じ がするんだけど 音と曲は まだ ビート・バンド の フォーマット から 抜け出していないようだ。実際に キンクス や ハウリン・ウルフ の カバー、アニマルズ で 知られる “Outcast” を 取り上げていて ギター も ファズ を 使ったり サイケな音色 で 鳴っている。

ディスク2 は シングル・バージョン や ライヴ等 68~71年 の 異なる ラインナップの録音 を 収録。多くは 鋭いリフ や ギターのフレーズ が 魅力の ハード・ロック・サウンド なんだけど ダウナーな サイケの曲 も 点在。ブックレット には 詳細なバンドの歴史、プロモ写真 と ライヴ写真 (見る限り 完全なハード・ロック・バンド) が 掲載されていて それと 音を合わせると ビート・バンド から ハード・ロック に 進んだ アメリカ の バンドの 典型的な姿 が 見えてくる。


  • 20200105200117382.jpg
  • 20200105200119749.jpg
posted by 猫蔵 at 05:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする