2020年01月14日

戸川純全歌詞解説集

戸川純全歌詞解説集
疾風怒濤ときどき晴れ

戸川純 著 / Pヴァイン

自分で 歌って 1984~2004年に 音源発表した 67曲 の 自作の歌詞 について 2016年に 語った話を まとめた本。他のアーティスト に 提供した曲 は 外されているんだけど 妹の 京子さんなどと 共作した曲 や カバー曲 に 日本語詞を付けた曲 も含み「戸山小学校校歌~赤組のうた」も 加えられている。歌詞も載っているのは 13曲のみ なんだけど 歌詞を 知らなくても 楽しめる。言葉の ひとつひとつ を 細かく 解説している曲 もあるが 収録された アルバムのテーマ や ジャケット にも 言及し その時々の 様々なエピソードも ふんだんに 盛り込んでいるからだ。もちろん メインの話 は 歌詞。元ネタが わかりやすい キャッチーな曲名 にも表れた 特異な発想 と ポップな言語感覚 の 源泉が 紐解かれれる。空想的な内容 ではないから 歌詞が生まれた 背景を 明らかにすることは 戸川さんが “自分に向き合うこと” にもなるし 生い立ちを 含む 自身の人生 を 絡めて語る曲 も多い。奇想天外で 大袈裟な歌詞 は “生きるということへの執着” に 突き動かされたが ゆえの 表現であり 真面目過ぎるからこそ ふざけた言い回し も使って バランスを保ち 自分のために 書いて歌うからこそ 社会的なテーマ に対する スタンスも 誠実だ。ほとんどの曲が 1~3ページで コンパクトに まとめられていて スラスラ 一気に楽しく読める。あらためて 素晴らしいエンターテイナー だと 思った。


  • 20200111191508629.jpg
posted by 猫蔵 at 03:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする