2020年01月19日

KATE BUSH

KATE BUSH /
ビフォア・ザ・ドーン ~夜明け前

2015年9月 ケイト・ブッシュ は ロンドンの ハマースミス・オデオン で 35年ぶりとなる ライヴ を行なった。本作は その模様を 収録した 3枚組 だ。おいらは ライヴ を 見られなかったんだけど やはり 仕事なんぞ サボって ロンドン へ行くべきだった。そう切実に 思わせるほど このCD で 聴ける ステージの様子 は 素晴らしい。演奏されているのは 85年の「愛のかたち」以降の 楽曲なんだけど ケイトの愛息 アルバート・マッキントッシュ の歌う 未発表曲 もある。バッキング・メンバー は オマー・ハキム (ds)、ミノ・シネル (per)、ジョン・ギブリン (b)、デイヴィッド・ローズ (g)達 を 中心とする 鉄壁の布陣 だ。ステージ前半 は 70年代の ケイトのライヴ を 連想させる ハード・ロック感覚 が 濃厚。中盤は「愛のかたち」の曲 が中心で 俳優による 演劇的パフォーマンス も 盛り込まれている。さらに 後半では 05年の「エアリアル」後半部分を ほぼ そのまま再現。そして 全編通じて 聴く者 を 圧倒するのは まったく 衰えていない ケイトの歌声 だ。聴けて良かった。


  • 20200117193715632.jpg
  • 20200117193717923.jpg
posted by 猫蔵 at 03:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする