2020年02月29日

FARAWAY FOLK

FARAWAY FOLK / TIME AND TIDE

イギリスのデヴォン で 活動する ふた組の夫婦 による フォーク・グループ、ファラウェイ・フォーク が 1972年に 地元のレーベル から 発表した 2枚目のアルバム「タイム・アンド・タイド」は 少しばかり うるさい ドラムス と ベース を 加えた オリジナル曲中心の 明るい フォーク・ロック。カズー を 使った ジャグ・バンド風 の 自作曲「グッド・タイム・チャーリー」ガーシュウィン の名曲「サマー・タイム」では ピアノ が入り 曲名表記 は 違っているんだけど ペンタングル の「レット・ノー・マン・スティール・ユア・タイム」と「ロウランズ」の トラッド曲 は 無伴奏 で 歌っている。ビッグ・ピンク による 紙ジャケ で 2016年に 初CD化。


  • 20200224192221887.jpg
  • 20200224192225085.jpg
posted by 猫蔵 at 04:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

BIG SLEEP

ビッグ・スリープ /
ブルーベル・ウッド

1966年に レコード・デビューした ウェールズ出身の バンド、アイズ・オブ・ブルー を 前身とする ビッグ・スリープ による 唯一の スタジオ盤。オリジナルは 71年に プログレッシブ系 の 英ペガサス・レーベル から 発表されている。その種の 音楽に 精通した人 には ジェントル・ジャイアント や マン でも 活躍した ジョン・ウェザース (ドラムス) の 参加 が 目を引くところかな。哀愁漂う メロディー や ストリングス を 交えた 上品な編曲 と ギター、オルガン等で 構成された アンダーグラウンド な バンドの雰囲気 との ブレンド具合は こなれすぎず 離れすぎず。その ほどよい具合が 愛すべき 70年代ロック の 逸品 だ。


  • 20200224180411274.jpg
  • 20200224180414982.jpg
posted by 猫蔵 at 03:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

JEANNIE LEWIS

ジーニー・ルイス /
フリー・フォール・スルー・フェザーレス・フライト

ジーニー・ルイス は オーストラリア の 女性フォーク歌手。本盤「フリー・フォール・スルー・フェザーレス・フライト」は 1973年 に 発表された デビュー・アルバム。冒頭、鳥の声などの 自然音に 導かれて 馴染みの深い「ドナ・ドナ」が 素朴に 歌われたか と思うと 次の曲では ケイト・ブッシュ を 彷彿させる ドラマティックな歌声 を 聴かせるなど 全編にわたり 幅広い表現力 を発揮する。日本でも emレコード から 国内盤 が 出たことがある ロック・バンド、タリー が バック を務めている。印象的な スリーヴ は「クリームの素晴らしい世界」や 英国で “Oz” マガジン を 発行していた アーティスト、マーティン・シャープ によるもの。


  • 20200225192038419.jpg
  • 20200225192041827.jpg
posted by 猫蔵 at 03:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする