2020年02月24日

ESTACION

ESTACION / もうひとつの冬

プロデューサー 鈴木惣一朗さん と ボーカリスト 南壽あさ子さん による ユニット が 冬をテーマ に 作り上げた このアルバム は 冬の季節感 を いろいろな角度 から 丁寧に 描いた まるで 絵本のような 1枚 だ。 南壽さんの歌声 は 柔らかく 軽やかで その調子は 明るい パステルの描線 を 思わせる。そして ピアノ や 弦楽器 の 抑制気味なアレンジ も 彼女の歌 を 引き立てる。基本的には「ブルー・バレンタインデー」で 聴けるような リリカルな趣 が アルバムの 主たるトーン。 …なんだけど 小粋に スウィングする「雪」や 荘厳なコーラス が 印象的な「灯台守」など お馴染みの唱歌 を 一筋縄では いかない アレンジ で 聴かせるあたりは ポップ職人 鈴木惣一朗さん の 面目躍如たるところだ。はっぴいえんど の「しんしんしん」は 細野晴臣さん も 参加した ファンには嬉しい 直系カバー なんだけど あえて はっぴいえんど的な 要素に 触れずとも 充分な評価に 値する 高純度な ポップ・アルバム に 仕上がっている。その 白く美しい 統一感 を ほっこりと 味わいたい。


  • 20200221193015693.jpg
posted by 猫蔵 at 05:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする