2020年06月30日

Hal Singer & Jef Gilson

Hal Singer & Jef Gilson /
Soul Of Africa

大変 珍しい音源。2008年にCD化。本盤は デューク・エリントンの楽団 にも 在籍した テキサス出身の テナー奏者 ハル・シンガー が ピアニスト兼アレンジャー の ジェフ・ギルソン と 組んで フランスのレーベル に 残した 1974年作 だ。題が示す通り サウンドは アフリカ回帰志向 の ジャズ なんだけど 米国の “スピリチュアル” と 呼ばれる類 の ジャズ とは 趣 が 少々 異なっていて そこが この “Soul Of Africa” という 作品の 魅力となっている。キャリアを通じ アフリカ縦断ツアー を 5回 行なっているだけあり シンガーの奏法 は 南ア・タウンシップ の スウィング・ジャズ の 影響を 色濃く 受けていて 豪放かつ明朗。そこに ヴィブラフォン や 弓弾き の ベース を 配した ギルソンの 変化球的なアレンジ が重なり 土臭いのに ヨーロッパ的洗練 を 感じさせる 絶妙な響き に 結実している。この傾向は ギルソンが 曲を書いた 冒頭2曲に …特に感じる。マイクロ・オルガン や バラフォン を配した ギルソンの楽団 による ボーナス・トラック 2曲 も 貴重だ。


  • 20200628191446635.jpg
  • 20200628191448733.jpg
posted by 猫蔵 at 01:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

レジ袋。

いよいよ 7月 から レジ袋 が 有料化 か…。

有料化は 個人的には 大反対 だったんだけど 決まっちまった以上は 仕方がない。…が、お金を払って 購入する以上は 袋 も 商品だ。少しでも 傷が付いていようもんなら 店員 が 泣くほど 文句を言ってやるからな。…何年かしたら レシート にも 金額を 付けてきそうで 考えただけでも 頭に来るわ (`Δ´)。


  • 20200628142138210.jpg
posted by 猫蔵 at 02:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

Jimi Hendrix❤️

Jimi Hendrix /
ジミヘン・ウィズ・ジミ

気が付いたら ベスト盤だらけな ジミ・ヘンドリックス。このボックスCD は タイトル通り ライヴ、リハーサルなどの 6枚組ジャム音源集だ。決して ビギナー向け ではないんだけど 好き者 には たまらない “禁断の果実” だ。この中での 注目の的 は 68年8月 ジミ宅での “ウッドストック” 用の リハーサル録音だ。実際に ステージで 演奏された曲 が中心で 伝説の裏側 を知る上でも かなり貴重だ。ライヴ音源では 68年4月 NY のクラブ、69年6月の “ニューポート・ポップ” などを収録。B.B.キング や バディ・ガイらも 参加とされる 前者では ポール・バタフィールド、例の「スーパー・セッション」「エレクトリック・レディランド」と 前後するのも 興味深い アル・クーパー のプレイが光る。後者は バディ・マイルズ との 共演ということもあり バンド・オブ・ジプシーズ への布石 ともいうべき ソウル/ファンク色 が 濃厚だ。個人的には トレイシー・ネルスン の参加も 滅茶苦茶 嬉しい。…が 全体の構成 には 一工夫 欲しかったな。


  • 20200627194502457.jpg
posted by 猫蔵 at 00:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする