2018年06月14日

山平和彦 / 星の灯台 (1975)

75年、日本フォノグラム に 移籍 した 山平和彦さん は 通算4枚目 の アルバム「星の灯台」を 発表、その サウンド に 大きな変化 を 見せ 歌謡曲色 が 濃厚 となる。その理由 には 編曲 が 馬飼野康二さん という事も あるんだけど この間 に 山平さん の バックバンド を 務めていた マイ・ペース が 単独デビュー して「東京」の 大ヒット を 飛ばした ということが 山平さん の 心 に 大きく 作用したことも 想像 出来る。それまで “無意識の芸術家” であった 山平さん が 売ること を 意識した “作為の人” に なった といったら 言い過ぎ かな。…とはいえ タイトル曲「星の灯台」での 山平節 は 健在だし「抒情飛行」は 全作品 を 通じても “名作” と 言い切れるんだ。


星の灯台

  • 20180610160300461.jpg
  • 20180610160302728.jpg
posted by 猫蔵 at 01:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください