2018年12月07日

Yoko Ono

ヨーコ・オノ / A STORY

1974年 ジョン と 別居していた時期 に 制作されながら 当時は 発売 されなかった アルバム。前作「空間の感触」同様 デイヴィッド・スピノザ に 共同プロデュース を 任せ ヒュー・マクラッケン、ゴードン・エドワーズ、リック・マロッタ達の 凄腕ミュージシャン を 集めての セッション は ニューヨーク の レコード・プラント で 行われた。同年11月28日 に エルトン・ジョン の マディスン・スクエア・ガーデン・コンサート に ジョン が 飛び入りしたのを 機に 夫婦の関係 が修復され 翌年 ショーン が 生まれたため 私的な内容 だった 本作は 未発表に 終わったのだ。収録曲の 多くは「ダブル・ファンタジー」などで 再演されたが 1992年の「オノ・ボックス」で “ほぼオリジナル” の バージョン が解禁。それが 好評だったこともあって 一部曲 を 差し替えた “決定版” が 97年 に リリース となった。ビートルズ・ファン には 評判が 悪い 例の “叫び” は 鳴りをひそめた ポップ内容 で 曲も 粒ぞろい。ヨーコを嫌う人 にこそ 聴いてほしい 作品 だ。


  • 20181201221056191.jpg
posted by 猫蔵 at 04:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください