2019年08月06日

喜多嶋修

喜多嶋修 / 弁才天 (1976)

70年に ランチャーズ解散後 自分の オリジナルな音楽 を 追及して 琴、琵琶 といった 和楽器 を 学び 日本古来の伝統音楽 と 西洋音楽 との 融合 に 取り組んでいた 喜多嶋修さん が 初めて 世界に向けて 発信した 記念すべき アルバム。74年に レコーディングされ 2年後 に アイランド・レコード より 全世界発売 された。水と音楽 を 司る神、弁才天 を テーマ に 和楽器 と チョッパー・ベース (細野晴臣さん も 参加) シンセサイザー などが 織り成す世界 は まさに ジャパネスク・フュージョン・ファンク の 先駆け と言える。エンジニア は 吉野金次さん。ジャケットのイラスト を 描いたのは 喜多嶋洋子 …そう、あの 内藤洋子さん なんだ。


  • 20190411115424619.jpg
  • 20190411115426953.jpg
posted by 猫蔵 at 00:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください