2019年08月08日

ジャックスの奇蹟

ジャックス / ジャックスの奇蹟 (1969)

すでに 解散の影 も 見えていた時期 に 録音 されたものだけに 名盤 である ファースト・アルバム と 比べるわけには いかないんだけど それでも 鯛は鯛 だ。やっぱり 早川さん の 参加した 6曲 は 重い情念 を 苦もなく 脳内 に ヴィジュアル化 していく。シンプルな言葉 が 転がり転がり していくうちに 世界を広げる「堕天使ロック」や 初めて聴いた 日本 の ロックの毒 という意味 で 衝撃的 だった「ロール・オーヴァー・ゆらの助」あたりの ロック感覚 は グループの変化 を 物語ってるんだけど なによりも 1曲目 の つのだひろサン による「ジョーのロック」に 当時のジャックス が 反映している。ただ 心に 深く 沈殿していくのは 相沢さん&早川さん の 黄金コンビ による「花が咲いて」なんだけどね。


  • 20190412151140473.jpg
posted by 猫蔵 at 00:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください