2019年08月12日

シンプル だけど 素敵な作品。

ALFEE / TIME AND TIDE (1979)

1979年 (昭和54年) キャニオン・レコード から 再デビュー した ALFEE にとっては “2度目” の ファースト・アルバム だ。決して ヒットした アルバム ではないんだけど とにかく 坂崎さん の ギター が 滅茶苦茶 上手いんだわ。音楽的には まだまだ “手探りの時代” だったと 思うんだけど 桜井さん の 歌声 も すごく 素敵だと 思うし 決して 悪い作品 ではないぞ。本作 に 収録 されている「夜汽車」や「雨」「セイリング」などは どちらかというと “現在のALFEE” を 感じられるかも 知れない。発売当時 このアルバム を 取り上げた 音楽雑誌 は 確か シンプジャーナル だけだったかな。ミュージシャン側 が 派手な動き を しないと どんなに 素晴らしい アルバム を 作っても 音楽業界 から 無視 されてしまうんだな。ALFEEの原点 が たくさん 詰まった 作品だからこそ 聴いてもらいたい アルバム ですよ。


  • 20190414125850021.jpg
  • 20190414125853106.jpg
posted by 猫蔵 at 03:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください