2019年08月14日

LIZARD

リザード / リザード (1979)

東京ロッカーズ の中でも 抜群の 知名度 を 持ち シンボル といっても いいほどの 存在感 を もっていた LIZARD の デビュー作。メジャー から 作品 を 発表するに あたって 彼等がとった 方法は 実費で ロンドン へ 渡り ストラングラーズ の ジャン・ジャック・バーネル の プロデュース により 自主原盤 を レコーディング するというもの。これは それまでの 音楽業界 の 慣例 からすれば 画期的な やり方 だった。サウンド では パンキッシュ な 野太い ベース と 近未来的 な シンセサイザー の 響き が 印象に残る。メンバー・チェンジ の 多かった グループ なんだけど 特に この時期は ストラングラーズ との 共通点 は 多かった といえるんじゃないかな。


  • 20190415135038319.jpg
posted by 猫蔵 at 01:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください