2019年08月14日

真の天才!!

クールス /
黒のロックンロール ~クールスの世界

1975年の作品。“キャロルの二番煎じ” という 評価 の つきまとう クールス の ファースト・アルバム。作曲に 五大洋光 (矢沢永吉) さん、ジョニー大倉さん という キャロル の ゴールデン・コンビ を 擁し サウンド・プロデュース は 近田春夫さん という 強力な スタッフィング。ボーカル3人 + バッキング という 編成 は いうまでもなく 日本の シャ・ナ・ナ といった感じかな。今 振り返れば ヴィジュアル&話題先行 の “企画物泡沫バンド” で 終わってしまうところ だったんだろうけど それが とんでもなく 大間違い であることに 気が付くのに それほど 時間は かからなかった。セカンド・アルバム から 音楽的リーダー・シップ を とることになる ジェームス藤木さん こそ “真の天才” だったんだ。


  • 20190415150837802.jpg
  • 20190415150840416.jpg
posted by 猫蔵 at 01:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください