2019年08月24日

TAJ MAHAL TRAVELLERS

TAJ MAHAL TRAVELLERS /
1 AUGUST 74 (1975)

演奏者と再生音、もしくは 楽器 と それの 置かれている 空気、あるいは 演奏行為 と その観客、それらの 間の フィード・バック、その間に 座り続ける者 であり 物である 媒体 として タージ・マハル旅行団 はある。演奏者 であると同時に 聴衆の一部 であり 天と地 の 混じり合う場所 に 身を置こう とでもいうような 音の粒子 を 飛ばし合う 流動的な集団。表現しないこと、表現しようとする 動作からさえも 脱しようとする 徹底的な 否表現者達 の 発する 音 は 始まりの終わり も 山も川もない「透明な存在を成就すること」を 求める。本作 を 再生 すると 周囲の空気の一部 に 穴が開くこと を 実感する。そして その穴 は 伸縮自在 なんだ。


  • 20190419162638331.jpg
  • 20190419162640762.jpg
posted by 猫蔵 at 00:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください