2019年08月24日

友部正人

友部正人 /
誰もぼくの絵を描けないだろう (1975)

米国放浪の旅 から帰り 1年半ぶりに 発表した CBSソニー移籍 第2弾。通算4作目。「バークレー散歩」「お日様がおっことしたものはコールタールの黒」などで 顕著なように この作品 で 友部さん は ボーカル・メロディー を ほとんど 放棄 している。デビュー作 の「大阪へやって来た」の 手法を さらに 徹底 させ 言葉の持つ 訴求力 だけで 勝負 しようという 野心が 明確。もはや 音楽 というより 詩の朗読、ポエトリー・リーディング なんだ。もしかしたら 米国旅行 で ニューヨークあたりの 運動 に 触発されたのかも知れない。「おしゃべりなカラス」などで 坂本龍一さん が 弾いている ピアノ が 白眉。友部さん の 歌を 殺さず 埋没もしていない。


  • 20190419173221630.jpg
  • 20190419173224094.jpg
posted by 猫蔵 at 00:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください