2020年02月16日

SKEETER DAVIS

スキーター・デイヴィス /
スタンダードを歌う

女性カントリー・デュオ、デイヴィス・シスターズ (縁戚関係はない) を経て ソロとなり チェット・アトキンス謹製の ナッシュヴィル・サウンド を 看板に売り出した スキーター・デイヴィス。カントリー と ポップ を クロスオーヴァーする 1962年の 大ヒット「エンド・オブ・ザ・ワールド」は 誰もが知るところだね。…で 本作は 65年発売の ポピュラー・スタンダード集。もちろん アトキンス の プロデュース で 粋な ナッシュヴィル流 ポップ・アレンジ が 施された「恋に落ちた時」「オール・オブ・ミー」など お馴染みの曲 が 並ぶ。大名盤 …ではないけど とっても いい感じの 名曲 だ。


  • 20200213193403396.jpg
  • 20200213193405931.jpg
posted by 猫蔵 at 03:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください