2020年02月22日

WYNDER .K. FROG

WYNDER .K. FROG /
アウト・オブ・ザ・フライング・パン

英国の名セッション・キーボーディスト、ミック・ウィーヴァー は ワインダー.K.フロッグ を 名乗って 3枚の ソロ・アルバム を リリースしているんだけど 本作は 1968年 リリース の 2枚目。基本的に ロック や ソウル、ジャズ・スタンダード の オルガン・インスト の カバー で これぞ パーティー音楽 の あるべき姿。冒頭から いきなり 当時 ヒットしていた「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」が 飛び出す …が 変に捻らず ストレートに やっているのも 素晴らしい。リズム・セッション は グリース・バンド の面々。ディック・ヘクストール = スミスらの ざっくりした ホーン隊 も 痛快。こういう音源 は モノラル・ミックス でも 聴いてみたいな❤️


  • 20200219192026002.jpg
  • 20200219192030036.jpg
posted by 猫蔵 at 04:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください