2020年04月09日

ルーラル・ブルース

ルーラル・ブルース Vol.1 & Vol.2

インペリアル、アラジンの音源 を 使って リバティ が 1969年 に 発表した「ルーラル・ブルース」の 2枚のCD化 で テキサス系 と ルイジアナ~ニューオーリンズ系 の ブルース が聴ける。前者では オブスキュアな ナサニエル・テリー、マニー・ニコルズ、J.D.エドワーズ も 興味深いんだけど この時期の ライトニン・ホプキンス と リル・サン・ジャクスン は 格別に 素晴らしい。後者では ダミ声 で迫る パパ・ライトフット、バンド付きの スヌークス・イーグリン が 強力なインパクト を放つ。クリフトン・シェニエ と ブーズー・チェイヴィス の 初録音、スリム・ハーポ の ニューオーリンズ録音 も 貴重かつ 味わい深い。今も 色褪せぬ 編集盤 だ。


  • 20200408191127359.jpg
  • 20200408191131083.jpg
posted by 猫蔵 at 05:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

THE MONKEES

モンキーズ /
ピスケス、アクエリアス、カプリコーン&ジョーンズ・リミテッド

モンキーズ の 通算4枚目 の オリジナル・アルバム (1967年発表)。当時の 日本盤タイトル は「スター・コレクター」だったため 4人の 生まれた月日の星座 を並べた 原題は 意外と 馴染みが 薄いかも。中身のほうは キング=ゴフィン、マン=ワイル、ボイス=ハート といった 職業作家陣の 楽曲に メンバー の オリジナル曲 も 加えて 67年らしく サイケっぽい サウンド で 染め上げたような 仕上がりで「恋の合言葉」「プレザント・バレー・サンデイ」が ヒット を記録。個人的に 大好きな ヒット曲「恋はちょっぴり」を 含む シングル3曲 を ボーナス・トラック として 収録しているのも 嬉しい。


  • 20200406190609389.jpg
  • 20200406190611808.jpg
posted by 猫蔵 at 05:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする