2019年08月16日

内海利勝さんのギター❤️

キャロル /
ライヴ イン リヴ ヤング (1973)

それまでの “日本語のロック論争” に いとも あっさりと 終止符 を 打ってしまうくらいに 大きなセールス を 記録した「ルイジアンナ」~セカンド の「ファンキー・モンキー・ベイビー」の 勢いのなかで リリース された タイトルそのまんま の ライヴ・アルバム だ。ビートルズ の「フォー・セール」以前の 初期を お手本とするのは 実は 難易度が高く サマになっている グループ は 非常に少ないんだけど その点 キャロル は 稀有なグループ なんだ。大倉さん=矢沢さん の ソングライティング の 素晴しさ は いうまでもない …が 内海利勝さん の ギター の オブリガート の センス は ジョージ・ハリスン の リード・ギター 同様、もっと 評価されるべき だと 思うぞ。


  • 20190416094402604.jpg
  • 20190416094404663.jpg
posted by 猫蔵 at 00:19
"内海利勝さんのギター❤️"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: